読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あれこれよもやま

ブログ初心者が好き勝手に書いてみようというブログ

忙しすぎて

思うこと

職場に新しい人が入り、仕事を教えて

退職者の仕事を引き継ぎ

洗濯機は注文したのに設置できず 

れんちゃんは帯状疱疹で痛がりつつも 

仕事人間で機嫌が悪いし

長男は引っ越し当日の時間まで仕事が終わらず

代わりに立ちあい

こんなときにマウスピースがこわれたけど

直しに行く時間がなく

なんだかんだと忙しすぎて。

 

3月は、去ろうとしています。

 

ぎゃん!

 

ところで、今月はまだスカートの下にタイツで良いでしょうか?

くるぶしを出そう!ってユニさんは

言うけど ムリです。キッパリ。

 

4月に震えつつ薄手のタイツを履いてるとしたら、

それは

わたしです。断言。

 

 

クローズアップ現代〜〜老人ホームが空いている!?

思うこと テレビ

www.nhk.or.jp

 

録画してたのを昨日見ました。

52万人が待機していると言われているのにーというところから。

 

介護職員不足。取り合いになってるところもあるらしい。

 

人口、需要に合わせて供給されているか。都市部と地方のもんだい。

建設中止や、倒産するところもあったらしい。

 

国の方針が変わり、原則要介護3から特養に入れるようになって、入りたくても基準に満たない人が増えた。

 

というのが問題。

 

空いてるなら入れてほしいなぁと思われたかたもいらっしゃるはず。

ご本人でもご家族でも。

 

介護職員さんのが待遇改善、確かに必要。

でも、それが利用料に大きく反映したら入れない人もいらっしゃるのでは?

 

都市部では、これから需要が増え、一方地方では変わらないというのに建設のペースが変わらない。国の補助金があるので、乱立するところもあるらしい。

そーなのだよね。呼び寄せ入居もあるだろうし。

 

介護度の問題。介護度って、アタマよりカラダを評価するので、健康な?認知者の高齢者って後回しになっちゃうのですよね。

テレビでも語られていたけど、クスリが飲めなかったり火の取り扱いが不安だったり、身の回りを整えられない。サービス付き高齢者住宅に入っても、そういう人はやっていけるのかしら?

 

もう少し、問題ごとに踏み込んでほしかったわ。惜しいっ。

そこまでは、普通に推測できてました。

 

それから、ゲストの関西弁の介護経験ありの女性、耳障りでした。短時間の番組なのに、ますます内容が薄くなる。介護は、それぞれに事情があると、繰り返していらっしゃいましたが。

そこも、考えなくても想像できます。事情について、番組で何パターンかしっかり

解説してくださればよいわけなので。

 

番組は、ちょっと残念でした。時間不足かな。

ちょっと前の老人漂流社会のような骨太の

特集を希望します。

こういう問題、NHKがやらずにどーする!

もしかして前フリ?

 

 

 

 

 

新人さんが、入るということ

思うこと

先週から、職場に新しく採用された50代の女性既婚者こどもありのかたが、配属された。

 

新人さんが入るってことは、新しい風が吹くってことなのねーとしみじみおもう毎日。

 

それから、自分の職場での在り方を考える良い機会。

 

がーんばろっと。

 

 

 

 

渡瀬恒彦さん

テレビ 思うこと

ごめんなさい。お若いころの映画は見たことがありません。
(だって血は苦手)

 

渡瀬さんといえば、

れんちゃんが大好きなサスペンスシリーズ。

十津川警部」ですね。

れんちゃんは、この人の十津川さんが一番好き。

今朝ニュースをみて、「え~・・」と嘆く嘆く。

 

タクシードライバーの推理日誌」

いのっちがでている「警視庁捜査一課9係

 

ちょっと暗めだけど、女の人に弱いキャラクターの十津川さんや

夜明さん。

高く低く「かめさん」「かみや」とよぶ声。

 

「かめさん」の伊東四朗さんや「かみや」の平田満さんの

キャラクターと演技は物語の大切なエッセンス。

サスペンスってトリックも大切だけど、周囲の人々のキャラクターが

つまらないと見続けられないんだもん(我が家の場合)

 

「9係」は、そういう意味でれんちゃんが好きだったんだけど。

刑事さんたちひとりひとりの設定がしっかりしてるから。

 

とはいえ・・新作で渡瀬さんを見ることはないのね。

 

作品で親しんでいるかたがあちらの世界にうつっていかれると

自分がとしをとってることを実感するこの頃です。

 

合掌

 

 

 

 

 

もどってきた無記名のSuica・・

日々の出来事

あ~よかった~というお話を。。

いや、ぼーっとしすぎよ‥という話ともいう。

 

数日前、電車にのったときのこと。

1万円をくずしたかったので、

Suicaにチャージしようと思って券売機のところへ。

(最近は、千円札を作りたいときは、コンビニで買い物より

 この方法が多いです・・)

そして、チャージして、仕事に。

回数券でその区間は乗車してるので回数券で最寄駅にもどり、

バスに乗り、降りようとして、定期入れごとぴっと・・できませんでした。

なぜか、定期入れにSuicaが入ってない。

 

とりあえず、慌てて現金でバスを降り、自宅にもどり

かばんやおさいふ、その他必死でさがしましたね~

 

あ~落としたんだ。券売機のところで。

無記名式Suicaだったはず。

あきらめようか・・黙って使ったってわからないもんね。

いやいや残金5000円以上あったはず。

だめもと。ここは日本だし。

とりあえず、電話してみよう。(下記のところ)

www.jreast.co.jp

個々の駅の電話番号は慌てる私のiPhoneからは見つけられず。

こちらに電話して、状況を細かく説明して・・

無記名なので、半ばいや、ほとんどあきらめていましたが

失くした場所、時間、最近のSuica利用状況などなど話してると

どうも、わたしのものらしいSuicaがその駅に届いているという。

すぐに受け取りに行きました。

翌日になると、落とし物忘れ物は別の駅に移動しちゃうというので。

 

受け取りには当然本人確認(運転免許証とか)、受取書にサイン。

でも、とっても感じよくSuicaを渡してもらえました。

 

あ~~~よかったよ~~~

 

券売機のSuicaを駅に届けてくださったどなたか、

本当にありがとうございました。

 

忘れ物の電話に感じよく応対してくださった職員さんに

返してくださった駅員さん、ありがとうございました。

 

テレビで外国人が日本は忘れ物と落とし物がもどってくる・って

感動しているのを見たことを思い出しました。

 

はい、これからは気をつけます。

Suicaはこれから記名式にします。反省中。

カンタンにできるみたいなんだもん。

www.jreast.co.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

iPhone6からの機種変?mmp?

日々の出来事

2年に一度の行事と化しているケータイ問題。

前回の更新のときに、娘の分の解除料を払って家族全員で

新月を揃えました。

4台一度にmmpしたから、結構安くなり

こどもたちの希望でiPhoneにしました。

 

f:id:haveablast:20170314160323p:plain

 

我が家(れんちゃん)の条件は

 

iPhoneであること

電話番号が変わらないこと

料金が安ければ安いほどよいこと。

三大キャリアであること

 

この4つ。

おお、保守派。

 

この問題を一任されているべにおとしましては、

ホームページを見たりみなさまのブログを拝見したりして

あーだこーだ考えております。

 

現在だと、iPhoneを下取りにして

ちょこっとしかないけどポイントを使って機種変更でしょうか?

事務手数料が1台あたり2000円で済むし。

 

もしくは、前回mmpする前のところから、キャンペーンのお知らせがきていて

電気も変えると、とっても?安くなるよーってのが来てますが。

事務手数料がたくさんかかるなぁ。

電気も変えるのはめんどうねぇ。

 

家、学校、職場はWi-Fiがとんでるし

通常ならば、そんなにデータいらないっていう人々ばかり。

 

だから、データ20とかいらないんだよね。

 

 

前回3月だったので、更新は4月か5月。

4月のキャンペーンのお知らせはまだ。

(電話やメールで問い合わせてみたけど、そりゃそうだよね)

(今、新入生対象にせっせと売ってるんだから)

 

 

 

 

 

 

献血してきたよー

日々の出来事

11月に成分献血してたから4ヶ月ぶり。

今回は、血色素が13。

「全血400mlでもいいですか?」「はーい。」

 f:id:haveablast:20170314062731j:image

帰りにこのクリアファイルをもらいました。

ナースキティちゃん。

成分献血クラブのポイントがたまったのだ。

かわいいうえに閉じられるので、便利そう。

 

すごいでしょ~50代なのに、全血400もとれるんだぞ~って

れんちゃんを始め家族に自慢するのも恒例です。

家族が「おっ!えらいね」とほめてくれるのもいい気分(タンジュンなべにお)

 

血液は人工的に作れないうえに、長期保存もできないそうです。

以下は日赤の献血献血基準のサイトです。

www.jrc.or.jp

www.jrc.or.jp

献血ルームって、飲み物がフリーでお菓子もあります。

まんがや雑誌もあります。

私がいつも行くところは、広くて静かで職員さんも看護師さんも

穏やかなかたばかり。(ま、たいてい行くのは、平日の午後だし)

 

こんな私の血液がいつかどこかでどなたかのお役にたてれば

幸いです。