読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あれこれよもやま

ブログ初心者が好き勝手に書いてみようというブログ

iPhone7にしました

買ったもの

結局、MMPせずにそのまんまiPhone7にしました。おばさんになってもピンク!

 

格安は、れんちゃんがイヤだときかないし、

じゃ、MMPしよっかなーとケータイ会社に

電話したら、ポイントをもらえて、さらにショップでも割引してくれたので、機種変更にしました。

前のiPhone6は、下取りに出して、25才以下もいるので家族も安くなり、いろいろ。あと、持ってるポイントもぜーんぶ使いました。

 

前回一括ゼロ円で手に入れてるので、なんか高くなったなーという気がしますが、

息子が社会人になり自分で払うので、まあ

いいかー。

 

iPhone7で、ツムツムやゲームしたら、音が明るくなってるような気がします。

写真はモチロンきれいです。

 

あとは、まだほぼ初日なので、ぜーんぜんわかりませんです。昨日の夜購入したんだもんね。

まだカバーも買えてないので、iPhone6のカバーつけてます。カメラのレンズの位置が微妙にちがうのだ。

 

新しいのはやっぱりうれしいのだ。

Apple Pay入れるか、思案中。。

 

 

 

 

 

 

羽生くんの世界選手権

羽生くん

しつこいですが、これはファンのおばちゃんのおしゃべりです。

 

羽生くんのショートは、ほんとに、あら?ってな感じでした。らしくないというのか、反対にらしいというのか?

かなり、出遅れてしまった点数に思えてショーマくんが勝っちゃうのか、それともやっぱりフェルナンデスくんとかチャンちゃんか、また売り出し中のアジアの彼?なーんて、余計なことを思っていました。

 

でも、羽生くん、このまま終わらないはず。

羽生結弦であるためには、あっさり優勝ラインからさがるはずはない。

と、放送スケジュールをみると、見事に仕事予定。がっくり。

 

ふー。仕事でイヤなことがあり、ヤケ酒でも飲みたい気分。でもでも、羽生くんのニュースにネットの反応に、おいしいお酒にチェンジ!そーだった!録画してたんだ。慌てて再生。

 

あんなに成功してなかったコンビネーションジャンプはきれいに決めてる!4回転全部跳んで全部完璧!うわー。魅せられる、引きこまれる、なんか泣けてくる。みんな立って応援してる!外国人もだー。羽生くんの表情が澄んでくる。

 

演技終了、キスクラ。羽生結弦でしたねーいつもの。でもでもいつもより興奮してて、それを抑えようとしていて、これまたけなげ。

 

表彰式のかわいいこと!22才の青年は無邪気なこどものように笑う。ああ、そう、この子に邪気はない。たくさんのプレッシャーを受けながら滑るには、おとなになってはいけないのかも。

 

なにもかもすごすぎる羽生くん。カラダは、相当痛めつけられているはず。若くて再生能力が普通の人とはくらべものにならないだろうけど、平昌まで、無事にたどり着きますように。

 

おばちゃん、それが心配。オリンピックのあとは、日本中がうるさすぎたよね。喜んで見ていたけど。その後、ケガが続いたのは、そのせい?なんて、思ったりおもわなかったりした。

 

シーズンが終わったら、カナダやおうちでのんびりしてほしいな。

ココロが健康であるためには、カラダを大切にして、またステキな演技を見せてください。

 

羽生くんのちょっとオレサマで謙虚な発言やコメントききたいもん。

 

それにしても、日本人がスポーツの国際大会で勝つとルール改正してくるよね、某方面。

バレーにしてもジャンプにしても。

ダメだからね、平昌のスケートは。

 

 

 

息子の引っ越しの見学

日々の出来事

社会人の息子の引っ越しなど、手伝う気もなく、あちらも手伝われる気もなかったが

仕事がどうにも忙しく、三月なので運送屋さんも時間通りにくるかわからないと

いう話で、つい、過保護の母がでかけていった。

(だから、私の定休日?に引っ越しを決めたのだろーか疑惑)

 

12時から午後2時の間に息子のアパートに運送屋さんは来る予定。

息子は半休をもらって待機!!のはずが・・

べにおは、ちょっと出遅れてしまったため12時半にアパートに到着すると、

あらら、がら~~ん。しーん。

 

電話すると、「ごめん、仕事終わらない。よろしく。」

よろしくって、私に引っ越ししなさいって言ってるのね・・はいはい・・

そんなこともあろうかとは思ったけど

あのね~~ってなもんです。

駅のパン屋さんで買ったサンドイッチを食べて待つ。

 

1時半ごろ息子帰宅。運送屋さんはまだ・・・

雨だからね~渋滞してるのかしらね~

過保護べにおは、息子の翌朝のごはんでも、おやつでもいいや・・と

メロンパンとカレーパンとソーセージドッグと買っていたのですが。

息子それをぺろり。

 

食べたら、骨だけになったベッドで息子お昼寝・・

布団やベッドパッドはもう詰めちゃったよ。

昨夜は眠れなかったんだよ、忙しくて・・・zzz

あのね~~(二度目)

 

運送屋さん、3時に到着。

二人組でやってきた。

ひとりはどうみても高校生のアルバイト。

華奢で筋肉なさそ。(たぶんない)

だもんで、全然進まない。

段ボール10個未満にすべて荷造りは終わっていて

ベッド解体と机解体、冷蔵庫洗濯機電子レンジくらいしかない1階の息子の部屋。

それなのに1時間以上搬出にかかる。

あのね~~(三度目)

クルマで15分くらいのところに引っ越し。

 

今度は3階だ。これまた搬入とベッド机の組み立て洗濯機の取り付けだけで

これまた1時間半・・

あのね~~(四度目)

 

あとは、一緒に量販店で照明器具を買って

夕飯をごちそうになり、駅まで送ってもらっておしまいっ。

やっぱり雨の引っ越しは疲れるわ。

 

ま、面倒だけどこどもにつきあうのは、悪くない悪くない(笑)

 

 

 

 

 

女城主直虎 ~ここまで見て。ざっくりな感想。

テレビ

大河ドラマは歴史ドラマじゃなくなったのね・・もうネタ不足なのね・・

そんな風に思ってましたが、今回も歴史的に一般に知られてないヒロインを

もってきて、なんでもアリアリを作るの?と思ってましたが

 

ほんとうに、そうでした!

でも、それならそうで、もっとふくらませよー!

 

 

かわいい子役の三人衆もいいけど、

(いいけど、っていうより、かわいかった。今後に期待)
(チャグム、成長したよね~)

その後の三浦春馬くんに今人気の高橋一生柴咲コウの三人。

メロドラマはいらないのよ~大河なんだしって思ってたら。

 

ん~~春馬君、もう死んじゃったし。さわやかにでかわいそうに。
でも、そうじゃないと、女城主は現れないしねぇ。

春馬君、久しぶりに見ましたが、ぐっとステップアップしてたのですね。

 

「裏切るつもりで裏切ったのか?それとも裏切らざるを得なかったのか?」

なんてかわいい声(そう思えてならない)のヒロインはどーも、

ぴんと来ないのですよ。

尼さん?なんだし、もっと冷静に考え深くいてほしいのだけど、

なんか、身なりだけ尼さんでさ~中身は全然。

あ、それだからいいのか!?

これから、そんな女の子女の子しているヒロインが一気にすごい城主?

になるのでしょーか?(そこはもしかして、みどころ??)

 

井伊家ってどうして、これが幕末の大老を生む家系になるのよ!って感じの

描かれ方ですわ。

カンタン思考なんだもん。ぐるっとみまわして。

高橋一生のブラックを目立たせるためでありましょーが。

どれだけブラックなのか(スネイプ先生的になる?)

楽しみです。

 

あーあ。どうなるんでしょね。このドラマ。

いい感じに着地できるでしょうか?

 

 

 

アスリートの魂~羽生結弦

羽生くん テレビ

もうすぐ世界選手権。

www.nhk.or.jp

 

羽生くん!

こういうのはさすがのNHK

地味な努力やはにかみや苦渋の表情も映してくる。

へんに持ち上げたりしてこない。

シーズンをしめくくる世界選手権も今週だ。

ピョンチャンオリンピックは来年。

いい試合になりますように。輝きますように。

 

羽生君とは関係ないけど、

日本のマスコミって「すごいすごい」って報道して

選手にプレッシャーかけすぎだと思う。

みんなに期待するようにあおって

うまくいかないとバッシング。

 

クールに「この人は無理」みたいな報道してほしいとは

まったく思わないけど、それじゃ選手に申し訳ないし。

でも、いつも、なんだかな~って思います。

NHKは、そんな報道はしないでほしいな。

民放と一線を画してほしいのもです。

 

精霊の守り人~悲しき破壊神 感想その2

テレビ

感想その2はチャグムのほうのお話。

「蒼路の旅人」「天と地の旅人~ロタ王国」が原作。

 

強大な「タルシュ帝国」から自分の国新ヨゴ国を守らねば。

 

サンガルから援軍を求められて、行ってみたものの、すでにサンガルは

タルシュ帝国の手に落ちていて、わなにはめられて。

おじいさまはなくなるし、タルシュに父を殺せと言われるし

なにがなにやら。父は殺せない、でも国を守らねば・・とロタに向かう。

向かったもののなかなかイーハンに会えないし、あったところで同盟は断られるし。

やっとバルサにあえて、カンバルに行こう。

 

なーんてストーリー(省略しすぎ?)

 

なんてったってお得でかっこいい役はヒュウゴであります。

 

ヒュウゴの鈴木亮平さん。こりゃまた、イケメンなヒュウゴ。

私の中ではもう少し泥水を飲んだ不良が「おじさん」になった風なイメージだったの

ですが、これもありだよね~。

不良感はたっぷりあったし、不敵な笑みを浮かべていて

でも、それも人にみせる演技で本当の心のヒュウゴはどんな表情なの?と

思わせる裏があってまだ一枚も二枚も下に顔がある風で。

「炎路の旅人」からさかのぼっていって鈴木さんのヒュウゴになっていいかも。

まあ、どなたが演じてもこの役はお得です。絶対にカッコイイ。

かっこよくなかったら、作品が死んじゃう。

バルサと話したり戦うシーンはなかなかのもんです。

そう簡単には死なないねアイツって思わせる。

 

今回あたふたするシュガになっちゃったのが林遣都さん。アニメでシュガは

白というか銀というかそんな髪色でロングストレート。アニメちっくなだけに

実写はこうきた?かわいいっ。なんて思っていました。

実際かわいいシュガでありまして、前作ではトロガイにいい風にあしらわれるし

聖導師様にもチャグムにもふりまわされる若き知識人ってかんじ。

でも、若きチャグムの相棒?としてはぴったりでした。

「我が国を頼む」ってチャグムに言われてもなんか頼めるのか~って思う

シュガです。ハートは熱いんだけどね。必死なんだけど。

 

タルシュ帝国のラウル王子と宰相クールズはまだまだ見せ場があるのかな?

ま~冷徹なラウル王子のまんま。枝国(いわゆる植民地として併合した国)に

対するもろもろはテレビで描かれるのかな?

父を殺せとチャグムに迫ったところは迫力あんど美しかった。

クールズ、いるだけでこわいよ~。

 

まだこれといった見せ場がない藤原新ヨゴ帝。いや、あったのかもしれないけど

どーもものたりないです。だって、藤原竜也だよ~~キラだよ~(関係ない?)

帝である自分は神の子であると信じ、尊いと信じ、その子チャグムが精霊を宿した時は

(本当はその力が恐ろしかったのに)不浄として処分を命じたり現実から目を背け、

今回も自分より人気があってしっかりしている息子は死んでもらおうと

サンガルに派遣するし、ちゃんと死ぬように狩人(帝直属の刺客)をつける。

おそろしーおとーさんです。

タルシュがこれからやってきて、そしてやがては・・・なのですが、

そしてそのやがては・・の場面に期待する私です。頼むよ~

 

ちょっとしか出なかったけど印象的なチャグムのおじいさまの

トーサ大提督。伊武雅刀さんでありました。

あと、狩人のジンとモン。いいですぜ。

 

もう次回からは別な人になっちゃう聖導師さま。平幹二郎さん。

帝に仕えていて星読みであり政治にも口をだす。

ただものではないところがぴったりだったんだけど

最初チャグムのおかあさんと特別な関係に設定したのかと

あせったけど、そういうわけではなかったのね・・たぶん・・

 

必死のチャグムと、バルサがかっこいいこちら側の話。

チャグムはまだまだ幼さが残っていてめんどくさいところもあって

ひよわで、頼りなくて。でも皇太子だから!とがんばる。

 

あの夜の海にとびこむシーンはCGとわかっていても、

見ていて感情が波立つ。読んでいてもそうなんだけど。

 

チャグムとバルサが再会するところもはらはらどきどき。

泣きそうになっちゃうんだけど、再会しなくちゃ話は進まないのに

あ~よかったと思う。

バルサはチャグムを守って切られるわ刺されるわ。

血しぶきを浴びるわ。

「あたしの背中から離れるんじゃないよ。」

「大きくなったね。」

「あたしはあんたの用心棒だ」

「今のわたしの敵はあんたの敵だ。」

「私の望みはあんたの望みが叶うことだ。」

(ってかんじだったと思う)

実にさらっと言いましたね、綾瀬さん。

そこ、さらっといえるのは、「母」です。

 

時々、回想シーンでこどものチャグムが出てきます。

なつかしーよー。かわいいってかわいいって。

 

次回は「闇の守り人」「天と地の旅人」の続き。

「夢の守り人」「虚空の旅人」はどう盛り込まれるのかしら?

www.kaiseisha.co.jp

 

槍舞も収録されたというし、いつもどこまでもかっこいジグロ。

親友の頼みをきいてバルサを連れて国を出たばかりに、

かつての仲間を殺さなければなかったジグロ。

バルサのために生きたジグロ。

吉川晃司さんが本当にかっこいいジグロになるんだろうな~と楽しみです。

ジグロもいい役だよね~かっこいいし、かっこよくなかったら許さんぜ~

 

支離滅裂な感想ですが、これでいいや。

忘れないようにということで。

 

 

 

 

 

 

 

 

精霊の守り人~悲しき破壊神 感想その1

テレビ

昨日で、放送が終わってしまった・・・

続きは11月だなんて待ち遠しすぎる。

 

以下個人の勝手な感想です。

www.nhk.or.jp

上橋菜穂子さんも公式ホームページでこのようにメッセージをば。

今回、「天と地の旅人」のロタ王国編まで入ってぐぐぐっと

スピードをあげていっていました。

 

今回はまず「神の守り人」でこわい神様を宿したアスラとその兄のチキサを

バルサやタンダで守る話(実際短槍をふるうのはもちろんバルサ

 

アスラの鈴木梨央ちゃん、すごいっ!ぴったりでした。

あどけなく、「神様が悪い人を罰する」とバルサに話すところ、

「やっぱり人を殺したくない」と葛藤するところ、

「おかあさん~」といろんだ場面で母を求めるところ。

バルサにすがる目、敵をにらむ目、力のはいった肩や声。

これはただものじゃないかも~と思った子役さんでした。

渡辺えりさんが演ずる衣裳店のマーサさんとのほっとするシーンは

ただの女の子に見えてよかったよかった。

おでこかわいいっ。

 

そのアスラの母、イーハンの恋人だったトリーシアの壇蜜さん。

いや、処刑される場面から始まったせいもあるけど

印象的でよい役でしたね~。

迫害されて家を燃やされたりする民の哀しみ、怒り、誇り。

イーハンと恋におちたりして、なかなか生々しかったけど。

あそこまで生々しいのはさすが壇蜜さん。

 

イーハン殿下。兄のヨーサム王がなくなって、広い国をまとめる役なのに

いい人?正義感もあるのに優しいのに、(ついでにディーンだから

イケメンでもある)よわよわ~~の弟。政治家としてどうよ?

らしかった・・そりゃシハナが守ってあげたくなるよ。

 

シハナ・・ロタ王国のカシャルと呼ばれる呪術師で、イーハンに思いを寄せる。

アスラの神の力を使ってロタ王国をまとめあげようとするが、

バルサに邪魔される。戦いましたね~

足がきれいだし(れんちゃん喜ぶ)目力あるし、あまり感情がこもってないような

ふてくされてるようなセリフ回し。

それはそれで面白いけど、も少しカツゼツお願いします。

 

アスラとチキサを預かったマーサさん、渡辺えりさん。

いいですね~~ほっとする~~。

11月は出番あるかな?原作にはばっちりあるんだけど。

 

あと、安定のタンダ。

だんだんタンダはこんな人だったのかも・・と思うようになってきちゃって。

こんなにイケメンだったかは別としても。

優しくて優しくて、バルサが大好きで。人を信じていて。

次回はほんと、原作通りならいろいろ見せ場たっぷり。

きっとあのシーン泣くね、わたし。

 

バルサはこの前半では、チャグムの代わりをさがしてるんじゃないか?と

タンダに言われてはっとしたり。

人を殺してはいけないとアスラに言い聞かせるときに

自分の暗い過去(用心棒だから、人を殺してるし、その快感を感じたことがある)に

むきあう暗さがあったり。

バルサは、アスラを守りながら自分の内面をさぐる、えぐるっていう感じ。

原作のもっと~~な部分はないけれど、でもおもしろいバルサでした。

 

絶対的な力を求めるってこわいよね、どんな時代でも。

タルハマヤっていうおそろしい神を招いたらどーなる?ってなわけで。

現代にそれに近い兵器があって使ったらどうなる?ってなわけで。

 

前半はそんな感じ。