読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あれこれよもやま

ブログ初心者が好き勝手に書いてみようというブログ

スマホ育児より、そのあと

思うこと

あくまで私個人の意見。なんてったってみんな違ってみんないいのですから。

www3.nhk.or.jp

子育てって本当に大変。
もうそれは、否定しない。
いや、私も大変だった。誰か助けてと叫びたいことが何度もあった。

でも、こどもにスマホはあんまりよくないだろうな・・・
と、想像する(研究結果はまだ出ていないんだそうだから)

でもでも、電車や新幹線で泣く子にスマホを与えて
静かになるならそれもいいじゃない。
周囲に気兼ねしちゃうよね。
わたし個人は、よその子に泣かれても平気だけど。
平気じゃない人もいるもん。

そこは、いいんじゃないのかな。
絵本の代替ぐらいに考えて。

もちろん、だれかがかまってあげてゴキゲンが直ればそれでよし、
一緒のパパやママがちょっとほっとすればそれでよし。
小さい子、本当に小さい子ならしかたない。

 

問題はそれ以降の年齢だと思う。

 

長男が幼稚園時代にGAME BOYは現れた(ように思う)
それは、男の子のハートをわしづかみにした。
公園の滑り台の上でも、ブランコに揺れながらでも
マンションの階段でも、うちの子を含め数人はずっとゲームをしていた。

うちの子たちは、おとなしい子ではなかったから、
ゲームにあきると、サッカーやおにごっこやよくわからない探検ごっこをして
そこら中に忘れてくるのもいつものお約束。

そんな晴れの日はまだいい。
問題は雨の日だ。ずーっとゲームしている。
うちには、プレイステーションロクヨンもあって
ずーっとずーっと。。。。。

でも、マンションだから、ドンドンできないし、仕方ないんだよね・・って。

今だと、たぶん、そこの時代に選択肢が増えるってことなのかな。
スマホでゲームしたり動画みたりするっていうのが。

 

そこは、それで。

 

とりあえず、その年代になったら、公共の場所では静かにしなさいね・・って
おとなが教えられるといいのかなと思う。
静かにお話しましょうね・・って。
そこは努力したし、努力していいんじゃないかな。
それでも、ダメなとき?そこはもう(笑)

最近は、どこの飲食店に行っても、乗り物に乗っていても
おとなもこどももスマホ
すごく便利。私も使ってるし、待ち合わせの時間つぶしには最適。
でも、人が一緒のときは使わないし、もう成人したこどもたちにも
使わせない。
(っていうか、使わないけどね。くだらないおしゃべりしていて)
(あ、でも、スマホ出してゲームの攻略の教えを乞うことはあります)

 

あと、パパとママがゲームやスマホについて考え方とか好みについて
話をあわせておかないと、すぐに見抜かれる。
自分に甘いほうにすりよっていく技術、こどもはしっかり習得してるもん。

 

脳の発達とか勉強とか睡眠とかいろいろ言われているけど、
こどもが自分たちに必死で話しかけてくれる目や
つないでくれる手の温かさとか
だっこして絵本を読んだり一緒にうとうとしたり、
同じ乗り物で同じ景色を見て話したり
そういう時代って案外短いのですよ。

長男は、中学生になったら、近所も一緒に歩いてくれなくなったし
「うっせーなー。」しか言わないし、「はい」なんて返事はどこへやら。
(高校生になったら落ち着きました)
(今は別人のように優しいです、一緒にも歩きますふたりで食事も行きます)
でも、今度手をつなぐときは、もう介護されるとき。

だいぶ脱線してるような、昔語りになったような(笑)

でも、ほんと、かわいい時代をたっぷり味わえるように
道具をつかいこなしてほしいなって思います。
道具のパワーに負けないでほしいな。
女性の社会進出はまだまだこれから。
子育てに対する社会の固定観念もまだまだ健在。
母親の孤立も超高齢化社会における嫁の立場もまだまだ。

ほんと、生きにくい世の中です。