読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あれこれよもやま

ブログ初心者が好き勝手に書いてみようというブログ

スパークリングヴォイス感想

観劇など

これは、初日にみたファンの感想です。

まともな評論、クールな感想ではありませぬ。完璧に偏った感想です。

だから、しかたないなぁーという感じで

お許しください。備忘録的に。

 

www.tohostage.com

宝塚出身の元男役スターと、ミュージカル界の男性スター10人による、

ミュージカル名曲コレクション。

 

ざっくり言うと、楽しかった。

 

作品、出演者などのバランスとか考えず、書きたいことだけ。

 

エリザベート」からの、「闇広」

真琴つばささん、姿月あさとさんときての

涼風真世さん。

トート閣下、3人ともかっこよすぎでしょ。

その前の「蜘蛛女のキス」で十分に震え上がらせておいてだし。

力強くもあり、冷たくもあり。

♪闇がひろがーるこーてーるどるふはたちあがーるー♪
(脳内再生中)

 

その流れからの「最後のダンス」は、かなめさん。

鳥肌ものですわ。「おどーるさーだめー」と

笑うように、突き刺すように歌うんだもん。

それで、コーラスは男役の皆さまですよ。

かっちょええー。よいわー。

 

かなめさん、確か宝塚でトート閣下やってないのに、いやんステキ。

あのロングのカツラ?付け毛?の横顔が、クールでキラキラに見える。

似合うなぁ。

とてもこの前、こわーいゾフィーさまをなさったとは思えない。

あ、わがままなシシィだってなさってるんだよねー。

さすが妖怪七変化。(ほめてます!)

しばらくして、客席に降りて来たとき、間近だったのですが、あまりの細さとおかお

小ささにびっくり。

この人がさっきのトート閣下?えー!ってな感じ。

客席のご婦人の肩をトントンして、お花をプレゼント。そして、ちょっとお話してた。

その笑顔がステキ。いいなぁ。うらやましい。

 

 

姿月あさとさんの、「ひとかけらの勇気。」

「スカーレットピンパーネル」ですねー。

この前赤坂アクトActで石丸さんで見たんだけど。

いやいやいや。(なにがだよ)

5月には、ベニー(紅ゆづるさん)が来てくれるわー。

おっとっと、これは、とうこさん!という印象なのですが

それはそうだが、説得力あるでしょ。こんな風にきかせてくれるなんて。

語ってくるでしょ。

ずんこさん、かっこいい。冷徹なトート閣下もよかったけど。

歌う時の姿勢が、端正。

ずんこさんのエリザガラコン、行けなかったのが本当に残念です。

だって、お仕事だったんだもん。

いやいや、働いてこその観劇。なに言ってるんでしょ。

 

 真琴つばささん。マミさんに、なんでこんなにひきこまれるのでしょうか。

うまく説明できないけど、ひきつけるのですよ。

月組トップ時代から、ずーっとそう思ってたけど。

大きくて表情豊かな瞳と長くて細い手足。

階段に斜めに構えたときのなんともいえない空気。

テレビのバラエティの彼女しか知らない人にこのかっこよさを、

持ってる何かを伝えたいわ。

 

あとー

 

石川禅ちゃんの歌、「夢破れてー。」おお、男性が歌っても切々ときますねー禅ちゃん

ですからね。何を歌っても語りかけてくるのです。人生はひとりではないー。って。

司会者?おつかれさまでした。なんだかまじめなオープニング挨拶にカテコでしたね、

さすが初日。

 

上原りおくん、なんか体格がよくなった?気のせい?衣装のせい?

あんなに濃厚な歌をありがとです。

 

ミス・サイゴンの「いのちあげーるよー、」こう来ましたね。思いつめた感じ。

泉見洋平さん、独特の声と雰囲気。

 

 

とにかく楽しくてあっというまの37曲。

友達とセットリスト見ながら、ひたってお茶して

あーだこーだ語るのはとーっても幸せ。

めでたしめでたし。脳内お花畑でした。