読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あれこれよもやま

ブログ初心者が好き勝手に書いてみようというブログ

夏目友人帳 陸(ろく)

好きなマンガのアニメ化されたもの。シリーズ陸(ろく)です。

www.natsume-anime.jp

ざっくりいうと、

 

小さいころから妖怪をみることのできた高校生の夏目貴志

両親をなくし、親戚をたらいまわしにされたが、心優しい藤原夫妻のところに

ひきとられた。そこは、かつて同じように妖怪を見ることができた祖母、

夏目レイ子が住んでいた土地。ある日、妖怪に追いかけられた夏目(貴志)は、

逃げている途中で結界を破ってしまい、妖怪斑(まだら)ことニャンコ先生

救ってしまう。先生から祖母が妖怪と勝負しては名前をもらって妖怪を子分にして

子分となった証拠に名前を書かせた紙をつづり友人帳とし、自分(貴志)が

今はその遺品をもっていることを知る。

ニャンコ先生にの助けを借りながら妖に名前を返すことにした夏目は、

心優しい藤原夫妻、初めて落ち着いた環境で出会った高校の友人、仲良くなった妖と

ともに、名前を返したり、妖とかかわったりして過ごす・・そんな日々のエピソードの

アニメです。

 

今回は「つきひぐい」・・月日食いって感じでしょうか。その妖怪を助けたお礼に

若くなってしまった夏目。夏目が妖を見ることを知っている田村、多軌の高校の友人と

ニャンコ先生の力を借りて元に戻る・・っていうお話です。

 

こどもになっちゃった夏目が、高校生の夏目は友人とお祭りや釣り、れんげを

編んだりしたことがあるって友達に聞いて、

「おとぎばなしみたいだ。」って言ったり、ひきとってくれている藤原夫妻について

「ぼくは嫌われてない?」って質問したり、ちょっと過去の影を田村たちに見せます。

妖怪がやっぱり現れて夏目は急に走って逃げ、不安定な心と行動も田村たちに

見せます。あ~そりゃそうだよね。

妖怪ってアニメだからいいけど、実物だったら(ないけど)こわいよね~

走って逃げたいよね・・泣きたいし心臓バクバクだわ。

そんな夏目をふたりは受け入れて・・って。

 

結局はニャンコ先生が術をつきひぐいにといてもらうように話をつけて

一匹とひとりがお昼寝の間に夏目は高校生に戻っちゃう。

つきひぐいが、人の人生は短いから若返って新しく生きるのがしあわせでは?

と、たずねると、

人間が若くなって新しく人生を生きるのと、としを重ねて生きていくのと

どっちが幸せなのかは、人による・・ってセリフもニャンコ先生にありましたね~。

 

このアニメ、恋愛沙汰がいっさいなし。友達の西村が多軌のファンってくらい。

そんなアニメだと、ヒロインは引き取ってくれている藤原夫妻の塔子さん!

君に決めた!って感じかな。

めっちゃ少女で、すなおで高校生の夏目をまだこどものように心配したり

かわいがったり。もちろん、ご主人の滋さんも穏やかでいい人です。

ヒーローはたぶん夏目なんだけど、わたしにとってはニャンコ先生

 

テレビ化してるお話は、だいたいパターン化していて

少年子供時代の夏目のこと、的場や名取が出てくる妖祓いがらみ、ついうっかりその辺

の妖怪を救ってしまったために巻き込まれる話(今回はこれ)、名前を返してほしいと

妖怪が訪ねてきて‥の話、高校の友達がらみ、「犬の会」と勝手に夏目ファンクラブ

みたいなのを作った妖系~って感じかな。

わかっていても見てしまうのでした~。

 

 

 

ニャンコ先生は現在わたしのiPhoneの待ち受け。

かっわいいぞ~~。たぬきみたいなおじさんネコだけど。

ニャンコ先生(斑)の声優さん、コナンの白鳥警部なのはこどもたちにツボ。