読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あれこれよもやま

ブログ初心者が好き勝手に書いてみようというブログ

スカーレットピンパーネル~星組

この前、赤坂アクトで梅芸バージョンを「石丸さんととうこさん」でみて、

「あ、やっぱり宝塚バージョンみたいな。」と思っておりました。

(そういえば、梅芸バージョン再演決まったそうな)

 

人気演目なうえに、今回は新トップ紅ゆずる(さゆみさん)のお披露目公演。

チケット取れない取れない、大変でしたが、とれました~smile

 

ここからは、私の勝手な感想だから「あ~もう~好き勝手言って~」ということで。

 

とっても客席があたたかかったです。

星組、がんばれ!ベニー応援する!」があふれていました。

最初の「ひとかけらの勇気」だけで、なんか共有するものがでてきて。

さゆみさん、歌がお上手になったのでは?というと、失礼ですが

制作発表、大劇場のあとだから当たり前っていえば当たり前なのですが

歌、よかったです。

お芝居も、パーシーの苦悩やおバカぶりに決意に優しさにグラパンの

おじいちゃんぶりに、後姿でパーシーにもどるところのかっこよさ。

あ~トップがここに!って感じ。

トップがトップらしくなくちゃ。

 

トップといえば・・

最後に大階段を羽根と一緒に責任も背負ってひとりで降りてくる

・・一瞬音楽も出演者と観客の視線も彼女にすべて引き込まれる。

受け止めて笑顔でやってくる・・それはぞくっするほど素敵。

トップのオーラというか、力量が試される瞬間だと思う。

さゆみさん、素敵でした。

 

礼真琴さんのショーブラン。ショーブランってほんとに配役として

いいとこどり。悪い奴で、出世したくて、そのためには手段をえらばなくて

でもマルグリットが好きで結局ふられるわ、パーシーにやられるわの

さんざんぷり。でもいい場面でいい歌があるし、彼女だから安心して聞けるし

歌もかっこいいし、ツイッターですごーく評判になってたわけが納得。

 

マルグリット、いい感じ。最後の劇場で歌う「ひとかけらの勇気」は

意味があるし、勢いもあってよかったけど、途中ちょっと残念な歌も・・

 

梅芸をみたあとなので、宝塚のイケメンぶり、やっぱり好きだわ~とか

ダンスシーンの若者のキレキレのターンはかっこいい。とかとか。

相変わらずのミーハーを発揮してきました。

 

ベニーのこれから、楽しみですです。

もう一回くらいはスカピン行けそうなんだ~。
(友達がチケットくれるって)

聞きやすい曲が多くて、いい舞台だわ~。

 

宝塚、いつか大劇場に・・

東京だって、子育て一生懸命時期はなかなか観劇できなくて。

(こどもをれんちゃんに預けていくのは好きじゃなかったので)

そういえば、日比谷で、若いころにジェンヌさんに間違われて

すごーくいい気分になったことが・・(唯一の自慢)

 

 

現実の家庭や仕事から離れて舞台に見入ってる時間。。。

あのきらきらする舞台は作り物に違いなくて(だから、そこがよい)

生々しさがなくて、むずかしいことはなんにもなくて。

 

家に帰るとやっぱり歌っちゃう。

「ひとかけらの勇気」